キャッシングは年末年始やお盆にもできる?ローンカードとは?


キャッシングは年末年始にもできる?

大晦日やお正月、その近辺は何かとお金の要る時期ですよね。しかし、そういう時期だというのに、銀行やそのATMは休止されていて、困ってしまいます。みなさんも一度くらいは、お金を下ろしたいのに下ろせない、何もできないという状況に陥って、いらいらした経験はあるのではないでしょうか。そんなときには、キャッシングが便利です。勘違いされている方も多いとは思いますが、実はキャッシングは「年中無休」であることが多いんですね。これはもちろん会社にもよりますが、たとえ年末年始に休止期間を設けている会社であっても、12月31日と1月1日以外は借りられるようになっていることがほとんどなのです。

ただし、その借り入れの仕方は、通常とは異なります。なぜなら、消費者金融も、年末年始などは休業しているからです。ではどうやって借りるのかというと、自動契約機ですね。つまり年末年始のような時期には、消費者金融のATMでしか借りられないということです。たとえば銀行振り込みなどによって借りる方法は、消費者金融も休業していますし、銀行も休みですし、銀行ATMも使えないので不可能です。したがって、自動契約機によってのみ、キャッシングができるということになります。

いま現在では、アイフルとレイクが、年中無休でATMを稼動しています。お金がない、下ろせない、といった状況に陥るのを防ぐには、それらの会社で、「ローンカード」「キャッシングカード」を作っておくことです(コチラの記事もご参照下さい)。

ローンカードとは?

ローンカードというのは、いわばお金を借りるためのチケットのようなものです。何も難しいことはありません。各銀行のATMから、口座のお金(預金)を引き出すにはキャッシュカードが必要ですよね。それと同じで、消費者金融の自動契約機、ATMからお金を借りるには、それらのカードが必要になるということです。年末年始に入る前に、それらのカードを作っておけば、いざというときにも困りません。一枚くらいはカードを持っておきたいところですね。

お盆休みでも使える!

消費者金融は、会社にもよりますが、年中無休のところは文字通り、一年を通して、いつでもお金を借りられます。したがって、お盆休みなどであっても、自動契約機を使えばお金を借りることができるのです。一枚、二枚カードを作っておけば、どのような不測の事態にも対応できるでしょう。

しかし、気軽に借りられるからといって、使いすぎはいけません。そのお金が本当に必要なのか考え、キャッシング以外の方法を模索し、それでもダメなときにだけ、お金を借りるようにしましょう。キャッシングは便利ですけれど、リスクもありますので、十分に注意して、計画的に使ってくださいね。